フリーランスは食事にも気をつけよう

フリーランスは頑張れば頑張るだけ収入が増えますが、反対に働かなければその分収入も減ってしまいます。
体調を崩して働けなくなると収入がなくなってしまう危険性があるため、フリーランスは体調管理にも十分注意しましょう。
健康維持に重要な要素の一つは食事で、まずは3食をバランス良く食べることを心がけます。
フリーランスの中には、在宅で働く人もいるでしょう。
しかし、在宅の場合は働き始める時間を自由に決められるため、徹夜して起きたら昼近くというケースもあります。
また、仕事に集中していて気がついたら時間がだいぶ経っており、食事を抜いてしまうこともあるかもしれません。
1日の食事を2食以下にすると1回の食事量が過剰になり、肥満や生活習慣病につながってしまう危険性を孕んでいます。
1日3食バランス良く食べることで肥満や生活習慣病の予防、正常な体内時計の維持といった効果が期待できるのです。

特に朝食は代謝を良くするうえでも重要なため、朝はしっかり起きて食事を取りましょう。
そして、日中は体を動かすため昼食は多めに食べても問題ありません。
反対に夜はあまり体を動かさないので、少なめを心がけることが大切です。
間食は、空腹を感じたときに取ると良いでしょう。
空腹を我慢してしまうと、その後の食事で血糖値が急上昇してしまい体に悪いからです。
しかし、何を食べても良いというわけではありません。
ヨーグルトをはじめとする乳製品やナッツ類、ドライフルーツなど、塩分・油分が少ないものがおすすめですが、食べすぎには注意しましょう。