SESと派遣では何が違う?

エンジニアとしての経験が少ないうちから独立し、フリーランスになることを考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、スキルが身についていない、経験が少ないなどの場合、フリーランスとしてスムーズに活躍できないケースもあります。
そこで独立してフリーランスを目指す前には、SESエンジニアとしてSES企業で働いてみるのも良いでしょう。
まずSESとは、システムエンジニアリングサービスの頭文字を取ったもので、クライアント先の企業にエンジニアを派遣する委託契約の一種です。
SESエンジニアはSES企業と雇用・労働契約を結ぶことになるため、クライアント先の企業の指揮に従うことはありません。
契約上は正社員で、未経験者でも採用されやすい傾向にあり、しっかりと経験を積んでいける点が魅力と言えます。
また、さまざまな案件に携われる機会が多く、スキルアップにつながる可能性も高いでしょう。

そんなSES契約と混同されやすいのが、人材サービスの一つである人材派遣サービスです。
人材派遣には、2つの派遣スタイルが存在します。
一つがクライアント先の企業との契約中のみ派遣会社と契約する登録型派遣、そしてもう一つが派遣会社との契約が維持される常用型派遣です。
どちらの派遣スタイルにおいても、雇用契約は人材派遣会社と結び、労働契約についてはクライアント先の企業と結びます。
そのため、派遣エンジニアはクライアント先の企業が出す残業や休日出勤などの指示に従わなければいけません。
このように、SESと人材派遣は指揮を受ける先が異なるのが一番の特徴と言えるでしょう。